【最新2018年版】プロミスの完全マニュアル

プロミス

puromisu

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資スピード 最短1時間
保証人 不要
  • 30日間無利息サービス(条件あり)
  • 審査時間は最短30分&即日お金を借りることも可能
  • 保証人、担保不要
  • パソコンやスマホで誰にもバレずにお金を借りることも可能

公式サイトを見る

申込み資格ってあるの?

年齢

20~69歳の方であれば申込み可能です。

雇用形態

正社員、バイト、パート、派遣社員、契約社員など安定した収入がある方であれば大丈夫です。(安定した収入があれば学生や主婦もOK)

申込みに必要な書類は何なの?

プロミスを申込みするために必要なものが2つあります。

1.運転免許証
※ない場合はパスポートでもOKです。

2.収入証明証
借りるお金が50万以内の場合、収入証明証は不要です。

収入証明証が必要な方は、下記のいずれかに該当する方です。

  • 借りるお金が50万円を超える方
  • 他社で借りているお金+今回の借りるお金を合わせると100万を超える方

一般的に給料明細書や源泉徴収票を提出して、収入を証明する人が多いです。

書類ってどうやって送るの?

最近よく利用されているのが、スマホのカメラを利用して送る方法です。

昔は店頭窓口やFAXが主流でしたが、今はスマホのカメラで書類を撮り、その画像をネット上で送信する方法が自宅で手軽にできるため最も利用されています。

申込みから「お金を借りる」までの流れ

nagareman

申込みってどうするの?

申込み方法は5つあります。

郵送

申込書は各店舗またはプロミスに電話して取り寄せる必要があります。

店頭窓口

営業時間10:00~18:00までに来店する必要があります。
※店舗により営業時間、休日が異なります。

自動契約機

受付時間中9:00~22:00に契約機へ来店する必要があります。
※受付時間9:00~21:00の自動契約機もあります

来店して約30分で手続き完了します。

電話

受付時間9:00~22:00までに電話をする必要があります。

ネット

パソコン、スマホ、ケータイから24時間、自宅で申込みすることができます。ネットから申込みすることで、お金を「ローンカードなし」で下ろすことも可能です。

ネット申込みで注意してほしいことがあります。

ネット申込みは「カンタン入力で申込み」と「フル入力で申込み」があります。「カンタン入力で申込み」は少ない項目を入力した後、オペレーターから電話がかかってくることになっています。電話で全て答え終わった後に、審査が開始されるため時間がかかります。

しかし「フル入力で申込み」は、電話で聞かれることもネット入力ですることができ、入力後すぐに審査が始まります。その結果「フル入力で申込み」の方が早く審査開始することができます。選ぶなら「フル入力で申込み」を選びましょう。

公式サイトはコチラ

審査で何を調べられるの?

審査は「あなたがお金を返せるかどうか?」の調査です。調査は、書類審査と在籍確認の2つのステップに分かれています。

まず書類審査は「年収、働いている会社、住んでいる家、過去の借入」などの調査です。

例えば「この年収でお金を返せるか、会社は倒産しないか、今の家にどのぐらいの期間住んでいるのか、過去に滞納した経験がないのか」などの細かな調査です。この書類審査に問題がなければ、次のステップである在籍確認に進みます。

在籍確認は「あなたが本当にその会社で働いているのか」の調査です。

プロミスの担当者は、あなたの会社に電話をするでしょう。そこであなたが電話に出れば、その会社で働いていることが証明されるため、在籍確認はクリアです。不在の場合でも、「山田(あなた)は本日お休みをいただいております」と言ってもらうだけであなたの在籍を確認できるため、クリアです。

このようにあなたは、書類審査と在籍確認で、「お金を返せるかどうか?」を調査されるでしょう。

審査が終わるとどうなるの?

審査が終わると、メールもしくは電話で審査結果の通知がきます。合格すると、お金を借りるためにローンカードを受け取る必要があります。

ローンカードは自動契約機や店頭で受け取る人が多い傾向があります。そのほかにローンカードを自宅に郵送してもらう方法がありますが、家族にバレる可能性があるので、この方法を選ぶ人は少ない傾向があります。

また「ローンカードなし」で申込みしている場合は、審査を合格をしてから、最短1時間後にお金をかりることができます。

どこでお金を借りるの?

お金を借りる手順は、「ローンカードある」「ローンカードなし」で違います。

まず「ローンカードあり」の場合は、お金を借りるためにATMに行く必要があります。

コンビニATM
  • ローンカード必要
  • 手数料108円~216円
  • 営業時間は提携会社によって違います。
プロミスATM
  • ローンカード必要
  • 手数料0円
  • 営業時間7:00~24:00※ATMにより営業時間、休日が異なります。
三井住友銀行ATM
  • ローンカード必要
  • 手数料0円
  • 営業時間は店舗によって違います

次に、「ローンカードがない」場合は、お金を借りるためにATMまで行く必要がありません。
それはネットから借入の申請をすることで、プロミスがお金を振り込みをしてくれるからです。

振込み
  • ローンカード不要< ※三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を持っている方のみ
  • 手数料0円
  • 24時間365日、借入OK

振り込みの手続きは、スマホ、パソコンで簡単に手続きできます。

このように「ローンカードある」「ローンカードなし」でお金を借りる手順が違います。

お金を借りると利息が発生するの?

プロミスでお金を借りると利息が発生します。プロミスの利息は4.5%~17.8%であり、お世辞にも低いとは言えません。

しかしプロミスには「30日間無利息」というお得なサービスがあります。このサービスは、お金を借りた日から数えて30日間、無利息でお金を借りることができます。
※「30日間無利息サービス」を利用するには、Eメールアドレス登録、Web明細の登録が必要です。

利息を払いたくないと思っている人が多いので、30日間無利息のサービスを利用して返済する人が多いです。

30日を過ぎると利息(4.5%~17.8%)が発生し、借りた金額+利息を払う必要があります。発生した利息は、日割り計算になるため、ちょっとでも早く返済したほうがお得です。

返済について

返済日

返済日は5、15、25、末日の中から選べます。

返済方法

一般的に返済するときに利用されている方法が、ATMです。

プロミスATM

手数料0円
営業時間7:00~24:00※ATMにより営業時間、休日が異なります。

三井住友銀行ATM

手数料0円
営業時間は店舗によって違います。

コンビニ

手数料0円
24時間、365日返済できます。

口座振替(自動引落)

手数料0円
毎月、口座から自動で引落しされるので、払い忘れを防ぐことができます。

インターネット返済

手数料0円
24時間、土日祝でも返済OK
利用できる銀行は下記になります。
三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行

提携ATM(ゆうちょ銀行、セブン銀行、コンビニネット、ローソンATMなど)

手数料108円~216円
営業時間は提携会社によって違います。

銀行振込

手数料108円~540円
お近くの銀行から振り込みできます。

返済が遅れた場合

返済が遅れた場合は、プロミスへ電話しましょう。「○月○日までに払います」と電話することが大事です。

「払わない、電話しない」状態が続くと、プロミスから信用されなくなります。信用されなくなると、お金を借りることができなくなり、借りたお金を一括で返済するように求められます。

また2カ月以上返済が遅れると、信用情報にキズがつき、「クレジットカードが作れない、ローンを組めない」などの可能性がるので注意しましょう。

よくある質問Q&A

バイト、パート、派遣社員、契約社員も借りられますか?
otoko (9)
現在仕事をしていれば、お金を借りられます。
自宅や職場に連絡しますか?
自宅または職場に電話します。電話をするときは「プロミス」という社名を名乗らず、担当者の個人名を名乗るため、誰にも疑われません。
担保、保証人は必要ですか?
不要です。
30日間無利息サービスって何ですか?
借入した翌日から30日間利息が0円というサービスです。ただし「初めてプロミスを利用する」「Eメールアドレスの登録」「Web明細の登録」の条件を満たす方のみ、このサービスを利用できます。
パソコンやスマホなどからネットで申込むことはできますか?
ネットで申込みすることは可能です。24時間対応しているので、人気の申込み方法です。

プロミス

puromisu

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資スピード 最短1時間
保証人 不要
  • 30日間無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査時間は最短30分&即日お金を借りることも可能
  • 保証人、担保不要
  • パソコンやスマホで誰にもバレずにお金を借りることも可能

公式サイトを見る