≪私のカードローン体験談≫ストレス発散方法はショッピングで!

「私は買い物依存症だったのかも・・・」

彼女は現在30代になったばかり。
20代半ばからカードローンを利用していました。

理由は「ショッピング」だそう。
ストレスの矛先がショッピングだったと話してくれました。

748131

自己紹介

派遣社員30歳のマキ(仮名)です。
数カ月~1年の契約で仕事をしています。
両親とは折り合いが悪く、別居していて1人暮らしです。

カードローンを利用したときの仕事について

短大卒業後に就職しましたが、1年で退社、その後は派遣社員としていくつかの仕事をしています。
その中のひとつにコールセンターがありました。
コールセンターには大きく分けて、インバウンド業務とアウトバウンド業務の2つがあります。
インバウンドとはお客様からの電話を受けて(受信)応対することです。
逆にこちらから営業などで電話をかける場合は、アウトバウンド(発信)といいます。

mmsw

5年ほど前25歳のときに、ある企業のコールセンターで仕事をすることになりました。
インバウンド業務で、お客様からかかってきた電話の応対です。
内容は商品の説明だったり、修理の依頼だったり色々でした。
もちろんクレームもありました・・・。
私の場合コールセンターはここでしか働いたことがないので、他の企業さんのことはわかりません。
ただお客様から電話がかかってくるということは、何かしら言いたいことがあるということ。
強い口調でかけてくるお客様が多くいました。
こちらに落ち度がある場合はいいんです。
でも理不尽なことで怒鳴られることが多々ありました。

 「お前のところの商品はどうなっているんだ!」⇒このくらいは序の口
 「壊れたから交換しろ!」⇒10年使ってくれたそうです・・・
 「知人に貸したまま返ってこない。別の新品を無料で送れ!」⇒え!?

これはほんの一部です。
クレーム専用ではないので、もちろん毎回ではありません。
でもこういう電話があると、直前までありがとうと言われて嬉しかった気持ちが一瞬で消えてしまうんですよね・・・。
私の性格もあると思いますが、かなり落ち込みました。
最初は本当につらくて、毎日「今日辞める!もう辞める!」と思いながら働いていました。
それでもなんとか踏ん張って、しばらくすると落ち込みはするものの、なんとなく受け流せるようになりました。
結局コールセンターの仕事は好きにはなれませんでしたが、仕事と割り切って1年の契約を無事終えたのです。

ストレスで衝動買い

私がカードローンを初めて利用したのは、このコールセンター勤務時代です。
とにかく毎日何かしら落ち込んでいて・・・かなりのストレスが溜まっていました。

勤め始めてから2カ月が過ぎたころです。
とある日の仕事帰りにフラっと立ち寄った店で、どうしてもバッグが欲しくなってしまって・・・。
10万ほどのブランドバッグ。
クレジットカードで買ってしまいました。
計画も何もない、完全な衝動買い。

これを皮切りに買い物回数が増え、とうとうクレジットカードの限度額がきてしまいました。
それでも物欲は消えなくて、カードローンの利用を考え始めたのです。

447930

身近にカードローン利用者がいた

インターネットで情報を集めているときに、同僚も利用していることが判明。
以前社員として働いているときに初めて利用したと言っていました。
同僚はいつも小奇麗にしていて、借金をしているようには見えないタイプです。
婚活をしていて、服やバッグなどを買ったり、エステに行っているらしいです。

身近で利用している人がいるという安心感みたいなのがあって、すぐに私も申込みすることにしました。

派遣社員の申込み

インターネットから申込みをしたので、指示に従って入力しました。
実際に入力しているときに悩んでしまった項目があります。
勤務先です。
派遣元(派遣会社)なのか、派遣先(実際働いている会社)なのかを迷ったのです。

すぐに調べると、
勤務先は派遣元(派遣会社)を入力する。
実際にお給料を支払っているのは派遣元(派遣会社)だから。

だそうです。

それ以外は特に難しい項目もなく、簡単に申込みは終了しました。

在籍確認があるので、派遣会社の担当さんに対応してもらえるように伝えました。
カードローンを利用することはバレたくなかったので「クレジットカードの申込みで・・・」と。
派遣会社には在籍確認の電話がかかってくることが多いらしく、同様のお願いには慣れているようでした。

結果、20万円の枠で無事にローンカードを作ることができました。

カードローンでショッピング

ショッピングはローンカードを利用して続きました。
大きいものではないんです。
数千円~1万ほどのものをちょこちょこと。
仕事で特に嫌なことがあると、何か買っていました。
これが私のストレス発散方法になっていたと思います。
今思うと、もしかしたら買い物依存症に近かったのかもしれません。
必要もないのに買ってしまって、後から後悔することが結構ありました。

647869 - コピー

1人暮らしだし、仕事で疲れているし、自炊はしていませんでした。
女性が多い職場なので、「仕事帰りに一緒にごはんどう?」なんてしょっちゅう。
みんなで愚痴を言い合うのも、ストレス発散になったんです。
それ以外でも1人外食をしたりお惣菜を買ったりしていたので、どうしても出費がかさみます。

カードローン利用が減っていく

コールセンターの仕事が終了するまで10カ月間ほどでしょうか。
返済して給料がなくなって、カードローンを利用してショッピングしていました。

ところがオペレーターの仕事が終了した途端に、あれほどあった物欲がなくなったのです。
これは自分でも不思議でした。
それほどストレスが溜まっていたのだと思います。

次の仕事は工場での検査作業だったのですが、同じことの繰り返しで疲れました。
ただ私には合っていたようで、ストレスはほとんどありませんでした。
怒鳴り声も嫌なことを言われることもないし、心穏やかに仕事ができました。

目に見えてカードローンを利用する回数が減っていました。

現在の私

カードローンは今もたまーに利用します。
今30歳なので、結婚したり出産したりする友達が多いんです。
それのお祝いですね。
続くとお金が足りなくて・・・

ショッピングに使うことは、全くなくなりました。
返済は続いてしていますが、1番借りていたころに比べるとだいぶ減りました。
早く全部返済して、まっさらな自分になりたいですね。

カードローンについて思うこと

あの頃の私にカードローンは必要でした。
ショッピングでストレス発散して、大げさかもしれませんが、心の安定を保っていたような気がします。
借りすぎてしまうなど使い方を間違えなければ、とても便利なものだと思います。