カードローン審査の流れ!図解で分かりやすく解説します!

sinsa0

今回はカードローン業者が行う審査の流れを、図解で分かりやすく解説したいと思います。

これを見れば審査の流れが簡単に分かるので、良かったら読んでみてください。

審査の流れを分かっていれば、カードローンの審査に通りやすくなりますよ!

step信用情報機関に問い合わせをする

アナタがカードローンの申込みを完了すると、カードローン業者は審査を行います。
カードローン業者が審査で最初に行うことは、信用情報機関に問い合わせをすることです。
問い合わせをして「アナタに信用力があるかどうか」を確認します。

信用情報機関で確認できること

sinsa

信用情報機関では、今現在と過去のお金の利用状況を確認することができます。

信用情報機関に確認

sinsa2

このように信用情報機関に問い合わせをすれば、○月△日に○○のカードローンで50万円を借りていることが分かります。

今現在、アナタが複数の業者からお金を借りていたり、返済が遅れていたりすると、カードローンを利用できない可能性があります。
なぜなら、カードローン業者が「この人にお金を貸しても、返済してくれない可能性が高い」と判断するからです。
こう判断されると、カードローンを利用することができません。
これがカードローンの「審査落ち」です。

信用がないと断る

sinsa3

カードローン業者は、信用情報機関の信用情報を見て、アナタが信用できる人かを見極めます。
信用情報を見て、この人に信用がないと判断したら、絶対にお金を貸しません。
それもそのはず、もしお金を貸して返ってこないと会社に損失が与えられますからね。
そんなリスクを背負ってまで、お金を貸すことはありません。

point

  • 信用情報が良い→カードローンを利用できる可能性が高い
  • 信用情報が悪い→審査落ちする可能性が高い
  • step2アナタの申込み情報を確認する

    sinsa4
    信用情報に問題がなければ、次はアナタの申込み情報を確認します。
    アナタの申込み時の情報に、間違いがないかを確認する作業です。
    その一つに「在籍確認」という作業があります。
    これはアナタの会社に電話をして、間違いなく働いているかを確認する作業です。

    在籍確認(アナタが電話に出た場合)

    在籍確認でアナタが電話に出た場合、下記のような感じのやりとりになります。
    sinsa5

    業者は、アナタの会社に電話をするとき必ず個人名を名乗ります。
    アナタの会社にバレないように、プライバシーに配慮して電話をするので安心です。

    もし、申込み者のアタナが電話の相手と分かれば、業者名を名乗ります。
    電話の相手がアナタではない人には、絶対に業者名を名乗りません。

    在籍確認(アナタが電話に出ない場合)

    在籍確認でアナタが電話に出なかった場合、下記のような感じのやりとりになります。
    sinsa6

    在籍確認は、アナタが電話に出なくても問題ありません。
    アナタが会社で働いている返答があるだけでいいのです。
    例えば、
    「席を外しております」
    「今日は休みです」
    「出張しています」
    このような返答があれば、アナタが会社で電話に出なくてもいいのです。

    もちろん業者は、会社にバレないように電話をします。

    step3社内審議をする

    申込み内容に間違いがなければ、次は社内審議です。
    ここでアナタのカードローン限度額をいくらかにするか決定します。

    カードローンの限度額を決める

    sinsa7

    このように業者は、アナタの「信用力」でカードローンの利用限度額を決定します。

    利用限度額は、アナタの「信用力」が高ければ高いほど、利用限度額は上がります。

    point

  • 信用力が高い→利用限度額が高くなる
  • 信用力が低い→利用限度額が低くなる
  • STEP4アナタにカードローンの審査結果を伝える

    審査が終われば、業者からアナタに審査結果の連絡が来ます。
    ※審査結果は、メールか電話のどちらかを申込み時のときに選択できます。

    審査通過(合格)

    sinnsa9

    審査落ち

    sinsa11

    カードローンの審査落ちをするということは、アナタの信用力が足りなかったということです。
    なので、信用力を高める必要があります。
    そのためには、すでに利用しているカードローンやクレジットカードを使ってみたり、勤続年数を長くしたり、安定している会社に転職したりすることが大事です。

    とはいっても、審査に通りやすいカードローンもあれば、審査に通りにくいカードローンもあります。
    審査に通るか不安と考えるなら、下記のカードローンを申込みしてみてください。

    もし審査に通らないと信用情報機関に「審査落ちの情報」が残るため、それを避けるために審査通過率の良いカードローンを使っている人も多いです。

    以上、カードローン審査の流れ!図解で分かりやすく解説します!という話題でした。

    こちらの記事を読めば審査に関してより知ることができます。
    参考リンク:カードローンの審査で落ちる原因をすべて紹介します!

    kawata