住信SBIネット銀行カードローンのメリット・デメリットは?口コミやどんな方が適しているのかも紹介します!

そもそも住信SBIネット銀行とは?

sumishin (2)

住信SBIネット銀行は、SBIと三井住友信託銀行が2007年に共同出資してできた銀行です。
JCSIの顧客満足度調査では銀行部門で3年連続1位という実績もあります。
大きな特徴としては、インターネット専業であることです。
店舗やATMをほとんど持たず、人件費や設備コストを抑えています。
その分、預金金利を高くしたり、手数料を安くしたりして、利用者に還元しているのです。

住信SBIネット銀行カードローンはどんなローン?

住信SBIネット銀行カードローンの特徴とは?

sumishin

住信SBIネット銀行カードローンは2つのコースがあります。

・スタンダードコース
・プレミアムコース

2つのコースの違いは、「金利」と「限度額」です。

住信SBIネット銀行カードローン詳細
カードローン名 スタンダードコース プレミアムコース
金利 8.39%~14.79% 0.99%~7.99%
限度額 最大300万円 最大1,200万円
審査時間 1日~
返済日 毎月5日
返済金額 2,000円~
ネット申込み 可能
パート・バイト 可能
保証人・担保 不要

2つのコースは、自分で選ぶことはできません。
住信SBIネット銀行がアナタを審査してコースを決めます。

住信SBIネット銀行カードローンのメリットとデメリット

sumishin (3)

住信SBI銀行カードローンのメリットとデメリット
メリット デメリット
業界トップクラスの低金利コースがある お金を借りるまで時間がかかる
ネットですべての手続きを完結できる 金利のコースを自分で選択できない
毎月の最低返済額が少ない 土日は審査してくれない
ATMの手数料が0円 専業主婦は利用不可

住信SBIネット銀行カードローンの最大のメリットは、低金利のコースがあることでしょう。
プレミアムコースの金利は0.99%~7.99%となっており、ほかのカードローンと比較しても圧倒的に低いです。
しかし、プレミアムコースは自分で選択することができないのが難点ですね・・・。

また住信SBIネット銀行カードローンは、「お金を借りるまで時間がかかる」ことが最大のデメリットです。
申込みをしてからお金を借りるまで、最低1日以上の時間がかかります。
なので、すぐにお金を借りたい方にはオススメできません。

ほかのカードローンには、申込みをしてから最短で1時間でお金を借りることができるものもあります。
すぐにお金が必要という方には、このようなカードローローンを利用したほうがいいでしょう。

住信SBIネット銀行カードローンのクチコミ

sumishin (4)

住信SBIネット銀行カードローンのクチコミ
良いクチコミ 悪いクチコミ
ATMの手数料がタダなのは良かった 審査結果が遅すぎる。イライラした。
スマホで申込みできるのはGOOD! スタンダードコースの場合なら、ほかの銀行のカードローンのほうがいい
収入証明書類の書類が不要だった(借りる金額30万円希望) わざわざ口座を開設することが面倒
スマホで返済することができるのは良かった スタンダードコースは金利が高い

住信SBIネット銀行カードローンに適している方・適していない方

sumishin (5)

住信SBIネット銀行カードローンに適している方・適していない方
適している方 適していない方
aお金を借りることを急いでいない 申込みをした日にお金を借りたい
住信SBIネット銀行の口座をもっている 収入がない専業主婦
インターネットで手続きを済ませたい 年収が低い
勤続年数が高い 自宅に郵送物ことが嫌

住信SBIネット銀行カードローンは、自分のステータスに自信がある方が向いています。
年収が高くて、勤続年数が長いと「プレミアムコース」に選ばれる可能性が高くなるからです。
プレミアムコースを利用できれば、低金利のサービスを受けることができるでしょう。

一方、向いていない方は、自分のステータスに自信がない方です。
年収が低くて、勤続年数が短いと「スタンダードコース」に選ばれる可能性が高いからです。
スタンダードコースは、お世辞にも金利が低いとは言えません。
なので、スタンダードコースを利用するなら、ほかのカードローンのほうがいいでしょう。

住信SBIネット銀行カードローンの申込み方法

申込み方法

申込み方法の詳細
申込み方法 可否 営業時間
インターネット

24時間
電話

×

店舗来店

×

自動契約機)

×

郵送

×

申込み方法は、インターネットのみとなります。
ほかのカードローンと比べて、申込み方法が少ないのは残念ですね。

必要な書類

必要な書類は、「収入証明書類」だけです。
しかし、限度額300万円以下の方は、収入証明書類が提出する必要がありません。

申込みの流れ

sumishin (6)

住信SBIネット銀行カードローンの借入方法

借入方法

借入方法 手数料
ATM イオン銀行 無料
セブン銀行
ローソン
E-net(ファミリーマート、サークルKなど)
その他 振込サービス

利息はどのくらいか?

sumishin (7)

住信SBIネット銀行カードローン返済方法

返済方法

 

返済方法 手数料
ATM イオン銀行 無料
セブン銀行
ローソンATM
E-net
その他 銀行引き落とし

返済日

sumishin8
返済日は5日と決まっています。
変更したいと思ってもすることはできません。
しかし、余裕があるときは、金額を追加して返済することが可能です。

人気がある銀行カードローンは?

銀行のカードローン人気ランキング

kawata