お金が無い大学生必見!大学4年間で培った対処法を教えます!

お金がないときにやること

お金が無いときにやることは2つしかありません!

・支出を減らす
・収入を増やす

では、順番に見ていきましょう。

支出を減らす(節約)

まず生活費をどのくらい節約できたのかをご覧ください!

出費の項目 節約前 節約後
家賃 55,000円 50,000円
食費 25,000円 20,000円
光熱費 10,000円 8,000円
水道代 2,000円 1,500円
ケータイ代 8,000円 3,500円
交通費 3,500円 0円
交際費・娯楽費 20,000円 15,000円
支出合計 123,500円 98,000円

どうやって節約をしたのか?

家賃¥55,000→50,000
引越し:-¥5,000

食費 ¥30,000→20,000
外食を控える:-¥5,000
安い食材(もやし、鶏肉など)を中心にする:-¥5,000

光熱費 ¥10,000→8,000
エアコンを使用頻度を減らす:-¥1,000
家の灯りをLED化:-¥500
お湯の温度設定を低くする:-¥500

水道代 ¥2,000→1,500
風呂の残ったお湯を洗濯に使う:-¥300
洗い物のときに水を垂れ流ししない:-¥200

ケータイ代 ¥8,000→3,500
ソフトバンクからSIMフリーのケータイにする:-¥4,500

交通費 ¥3,500→0
電車に乗らない:-¥3,500

娯楽費・交際費 ¥20,000→15,000
飲み会を控える:-¥5,000

支出合計 ¥123,500→98,000
節約すると、約25,000円も節約できるんです(^^)/

収入を増やす

収入を増やすのであれば、バイトをするしかありません!
でもバイトをすると、勉強時間を確保するのが難しくなり、学業をおろそかになるんですよね。
さすがに学業をおろそかにするのはマズイ!
もし留年すればお金がかかってしまう。

だから、なるべく学業に悪影響が出ないような肉体的・精神的に楽なバイトをするようにしています。

例えば、マンガ喫茶のバイトは楽です。
重い荷物を持たなくていいし、休憩時間に好きなマンガを読めるし、ドリンク飲み放題だし、居酒屋やファミレスに比べてお客さんと接さなくていいからです。
精神的にも肉体的にも超ラク!

そのほかに深夜の工場勤務(流れ作業)もラクです。
仕事内容は色々あると思いますが、バイトに任せる仕事なんて単純作業です。

ちなみに僕が工場のバイトをしたときは目視作業でした。
ベルトコンベアに流れている部品に不具合がないかをひたすらチェックするだけです。
めっちゃラクでしたね~。
当然、力なんて必要なし。誰とも話さず黙々とする作業なので、わずわらわしい人間関係に悩むこともなし。
ただ単純作業なので、時間が経つのが非常に遅い…。
毎回睡魔との戦いです。

でもね。
肉体的、精神的にラクなバイトは心身共に疲れないので、学業にそこまで悪影響を及ぼすことはないんですよ。
心身共に疲れていたら、勉強する気すら起きません。

だから、バイトをするのであればラクなバイトを選んだほうが絶対いいですよ。
ラクなバイトは長く働き続けることができるから、長期的に安定した収入を得ることができます。

緊急にお金が必要なとき

緊急にお金が必要なときってありますよね。
突発なイベントや飲み会、食事会など。

でも、お金が無い…
だから行けない…
こんなことって多くないですか(苦笑)

そんなとき、今すぐお金を手に入れる対処法は3つ!

・モノを売る
・親しい人からお金を借りる
・店からお金を借りる

では、順番に見ていきましょう。

モノを売る

imasugu (2)
とりあえず片っ端から身の回りのモノを売りましょう!
服や本、家電、家具などで使い道がなくなったモノでもリサイクルショップに持っていけば買い取ってくれます。

ただ買取価格が非常に安いです。
予想していた買い取り金額にならないことがほとんどだと思います。

親しい人からお金を借りる

money_kariru_couple_woman
この方法が一番手っ取り早いです。
親や友達に「お金を貸して!」と言えば、すぐにお金が手に入りますからね。
しかも利息もかからないので、デメリットが全くありません。

ただし、お金を借りたら、すぐにお金を返すのがベスト。
すぐにお金を返さないと、人間関係が悪化するかもしれません。

お金を貸した人にとって、「お金が返ってこない」ことは大きなストレスです。
そのストレスは日に日に溜まり、いずれ「早くお金を返せよ!」という怒りに変わります。
お金を貸した人が怒れば、相手に不満をぶちまけるでしょう。
そうなれば、人間関係が悪化するのは避けられません。

人間関係は悪化すると、修復するのは非常に難しいです。
人間は誰かを嫌いになると、もう一度関係を修復したいと思いませんからね。

この先も親しい人と良好な関係を築いていきたいのであれば、お金を借りるのは避けたほうが無難です。
あとから、後悔しても戻ることはできません。

店からお金を借りる

credit_card_platina_silver
この方法は意外に良いです。
人間関係が悪化しないですからね。

ただし、店(銀行や信販会社など)からお金を借りるのは、デメリットが多いんですよね。
お金を借りると利息がかかるし、
わざわざ来店して、色々手続きをしないといけないし、
保証人が必要だし、
すぐにお金を借りられないし、ます。

しかし、『カードローン』という方法であれば、デメリットがほとんどありません。
カードローンは、
タダでお金を借りられる『利息0円サービス』があるし、
来店せずに、家に居ながらスマホ1台で手続きができるし、
保証人も不要だし、
家族にもバレないし、
すぐにお金を借りることも可能だし、
もちろん誰かと関係が悪化することもありません。

でも、カードローンを利用するためにはひとつだけ条件があります。
それはバイトをしていること。
それさえクリアしていれば、カードローンを利用できます。

大学生活を振り返る

僕は今大学4年目。
お金に困ることなく生活しています。

大学1年生のときは生活するのが困難でした。
お金が無くていっぱい悩んだし、苦しんだし、叫んだし、泣いたし。
本当に辛い毎日でした。

丁度、僕が苦しんでいる真っ最中。
昔からお世話になっているおじさんの一言で僕の考えが一変しました。
おじさんは「やり方次第で生活を立て直すことはできる」と僕にアドバイスをしたのです。

僕は生活を立て直すことができました。
生活が安定すると、勉強もうまくいき、友達とも楽しく過ごすこともでき、彼女ともうまくいき、就職活動もうまくいきました。

4月からは社会人になります。
これから数多くの壁にぶち当たるでしょう。
悔しい思いをするだろうし、悲しい思いをするだろうし、失敗もするだろうし。
でも、僕は壁にぶつかっても、必ず乗り越えて見せる。
大学生活でも数多くの壁を乗り越えてきたんだから。

アナタへ伝えたいこと

お金がないのは苦しいですよね。
僕にはその気持ちがよく分かります。

でも、何もしないで状況を変えることはできません。
変えるためには行動を起こすしかないのです。
節約をして支出を減らしたり、バイトをして収入を増やしたり、必要のない私物を売ったり、ピンチを凌ぐために一時的にお金を借りたり。
できることは何でもあります。

もちろん、行動を起こしても生活がラクにならないかもしれません。
でも、今の状況よりはきっと良くなるはずです!
だから、何も行動をしないことだけはやめましょう!

アナタならきっと困難を乗り越えられるはず!
ガンバレー(^O^)/